1. ホーム
  2. 肌の潤いを持続させるには

肌の潤いを持続させるには

ウーマン

油分と水分の調和が大切

年齢と共に肌に潤いがなくなっていくのは、仕方のないことです。それは肌の角質層に存在するセラミドが減少していくためです。セラミドはスポンジのような感じで水分をぎゅっと閉じ込め、外に逃がさずに保持しておく性質があります。肌のみずみずしさを保つにはこのセラミドが欠かせません。また、セラミドには肌への刺激(乾燥や紫外線など)から皮膚を保護するバリア機能の役割も果たしています。セラミドが減少すると、このバリア機能が弱くなり、水分をうまく保持することができません。結果として肌が乾燥して肌荒れやニキビを発生させる原因になります。肌をみずみずしく若い状態で保ちたいならセラミド配合の化粧品やサプリメントを活用すると良いでしょう。洗顔方法にも注意が必要です。強い力でごしごしこするように顔を洗うと、汚れがとれて清潔になるような印象ですが実は全く逆なのです。乱暴な洗顔は肌を傷つけるだけでなく、角質層に含まれるセラミドを落としてしまう原因になります。セラミドが減少した肌は潤いを保てないため、肌は乾燥して結局、がさがさの状態になってしまうので注意しましょう。またセラミドにはメラニンの合成を抑え、シミを防ぐ美白効果があることも近年の研究でわかっています。同じく肌への美白効果のあるビタミンCと一緒に摂取すると、より効果が実感しやすいでしょう。このように肌への健康とみずみずしい状態を保つためにはセラミドは欠かせない存在なのです。

Copyright© 2017 セラミドの効果は絶大|眠っていた肌が甦る All Rights Reserved.